旅タク

神秘の白川氷柱群と雪原で冬の木曽を楽しむ半日コース

木曽観光タクシー

神秘の白川氷柱群と雪原で冬の木曽を楽しむ半日コース イメージ画像1 神秘の白川氷柱群と雪原で冬の木曽を楽しむ半日コース イメージ画像2 神秘の白川氷柱群と雪原で冬の木曽を楽しむ半日コース イメージ画像3 神秘の白川氷柱群と雪原で冬の木曽を楽しむ半日コース イメージ画像4
オンライン予約はこちらから!

このツアーのポイント

  • 神秘の造形美「白川氷柱群」

    木曽御嶽山麓では、西野川右岸の崖の上や壁面から流れ出す地下水が凍り、幅約250m、高さ50mの大氷柱ができます!

    青白い氷河のような氷の造形美は壮観です。

  • 木曽馬の里

    木曽馬の里では、「木曽馬の乗馬体験」か、「スノーシュー体験」をお選びいただけます。

  • 「JR木曽福島駅」からのお迎え、お送り!

    「JR木曽福島駅」を起点としたコース設定で、移送は楽々です。

神秘の白川氷柱群と雪原で冬の木曽を楽しむ半日コース
木曽観光タクシー

スタート!!

JR木曽福島駅9:30 発

白川氷柱群

白川氷柱群

木曽の真冬は気温が-10~-20℃にもなります。
木曽御嶽山麓では、西野川右岸の崖の上や壁面から流れ出す地下水が凍り、幅約250m、高さ50mの大氷柱ができます!
青白い氷河のような氷の造形美は壮観です。

木曽馬の里

木曽馬の里

木曽馬の里では、「木曽馬の乗馬体験」か、「スノーシュー体験」をお選びいただけます。
天候が悪い場合は、屋内での乗馬体験となります。

ゴール

JR木曽福島駅12:30 着

基本情報(プラン概要)

期間 2017年1月15日~2月15日
期間除外日 なし
所要時間 約3時間
コース内容 JR木曽福島駅(9:30発)===白川氷柱群(10:05~10:30)===木曽馬の里(11:10~11:55)===JR木曽福島駅(12:30頃着)
料金 おひとり様  大人7,500円 小学生4,500円
大人1名 子供1名でお申込みの場合は、大人2名での参加として取り扱いさせていただきます。
料金に含まれるもの ・タクシー乗車代
・体験代(木曽馬の里)
貸切対応 2名および3名で参加の場合 1台 4,500円の追加料金で対応可能。
最少催行人数 2名
最少受付人数 2名
集合場所 JR木曽福島駅
取消料 3日~2日前30% 前日40% 当日50% 旅行開始後無連絡不参加100%
取消・変更後の返金について ご返金は、お客様の指定銀行口座に返金(振込)させていただきます。
クレジットカード決済をご利用されたお客様は、各カード提携会社の規則に従って解除が可能な場合のみカード利用を解除します。
お客様都合により返金(振込)する場合は、旅行代金から振込手数料を差し引いた金額をご返金いたします。
(※振込手数料はお客様のご負担となります。予めご了承くださいますようお願いいたします。)
お客様都合による変更・キャンセルで、クーポン券類やチケット類の交換、返品につきまして、送料等はお客様のご負担となります。
注意事項 ・配車場所の変更は出来ません。予めご了承ください。
・交通渋滞などによるスケジュール変更や電車などの乗り遅れについては、一切の責任を負いかねますので予めご了承ください。
・雪道を歩きますので、長靴またはスノーブーツのご用意をお願いします。
・屋外にいることが多いので暖かい服装でご参加ください。
・天候によりスノーシュー体験は中止させていただく場合があります。この場合は乗馬体験に振替えさせていただきます。(乗馬は、屋内でも体験できます。)
その他 ・車種はご利用人数により異なります。
乗合のためリクエストは受け付けられません。(貸切対応を除く)
2~4名(小・中型タクシー)、5~9名(ジャンボタクシー)が基本になります。
利用タクシー会社 おんたけタクシー株式会社
企画実施会社 株式会社観光販売システムズ
TEL 052-589-0200
〒450-0002 名古屋市中村区名駅3丁目21番7号
旅行業登録:観光庁長官登録旅行業第1600号
総合旅行業務取扱管理者:小川達哉

旅行条件書

お申込み前に必ず 旅行条件書 をお読みください。

※旅行条件書を保存するには(画面上部)ブラウザメニューの「ファイル」を選択、次に「名前をつけて保存」を選択します。
保存する場所、ファイル名を指定し、ファイルの種類を「WEBページ゙、HTMLのみ」もしくは「テキストファイル」にして「保存」を選択します。

乗合制
大人7,500円(小学生4,500円)

※上部チェックボックスに同意いただいた方のみお申し込みが可能です。

旅行条件書の書面による入手を希望する方はこちら

※この場合は、書面受け取り後、改めてご予約の手続きをお願い致します。